「2019年」の記事一覧

日本証券業協会を知ってますか?

投資について

金融庁の管轄下にある日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では証券会社等の行う有価証券(株券など)の売買等といった取引等を公正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅調なますますの成長を図り、投資者の保護が目的。 麻生 […]

個人情報の詐取には要注意

投資について

【基礎】コール市場という用語は、銀行間取引のうち短期金融市場の代表的なものである。この「コール」は「call(呼ぶ)」で、呼ぶとすぐに返ってくるというくらい期間の短い貸付をするため、この名で呼ばれています。 【用語】外貨 […]

株の動きを肌で感じるには

投資について

格付機関による格付けのすばらしい点は、読むだけでも時間のかかる財務資料の全てを読むことができなくても格付けによって金融機関の財務の状況や経営状態が判断できるところにあるのだ。また、ランキング表で複数の金融機関の健全性を比 […]

最近になって投資信託の対象でも

投資について

【投資】株式累積投資:株式を積立みたいに定期的に購入することが可能な株式累積投資指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株の価格の極端な動きを抑制できるドルコスト平均法を利用しているため、、株の購入価格 […]

スイングトレードというのは

投資について

多くの場合、株式市場に公開している上場企業であったら、企業運営のために、株式の上場のほかに社債も発行するのが一般的。株式と社債の違いとは?⇒、返済義務であるから注意が必要。 1日の取引で何度も売買を注文する方法である「デ […]

金融商品取引業者の課題は

投資について

今はタンス預金なのか?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、物価が上昇した分だけ現金はお金としての価値が目減りするという現実。たちまち暮らしに必要のない資金だったら、安全なうえ金利が付く商品にした方がよいだろう。 兜町 […]

投資というのは

投資について

【常識】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)の中でも、さらに数分、短ければ数秒の間に1、2ティック上下するだけでも売買や反対決済を成立させる取引のことを指して「スキャ […]

ファンダメンタル分析とは

投資について

【重要】アセットアロケーション:金利と株、為替は密接に関わり合っており、3つの動向を常に注目することが当たり前。興味のある商品のみならず、他の商品にも必ず資産を分散して投資するという方法が必要です。 平成19年に設立され […]

金融商品へ投資をすることがステイタス

投資について

今はもうどこにでもいるビジネスマンとして金融商品へ投資をすることが必須といえる。株式など金融商品に投資することは資産が殖えるだけでなく、経済や金融についての知識を身につけることができる。だからビジネスに必要な感覚も磨かれ […]

まさに世紀末の平成12年7月

投資について

近いものでは株と緊密に関わり合っている商品ということであれば、投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する商品)とか株式などがあるのだ。このような商品にも関心をもって投資することで、必ず株の動向を身近に感じることができ […]

株式市場に公開している上場企業は

投資について

このように日本の金融・資本市場での競争力を高めることを目的とした規制緩和のほか、金融規制の更なる質的な向上が目的とされている取組や業務等を積極的に実行する等、市場および規制環境の整備がどんどん進められていることを忘れては […]

金融に関するシステムを構築するには

投資について

簡単にわかる解説。外貨預金について。銀行で取り扱う資金運用商品の名称。外貨によって預金する商品です。為替の変動によって発生した利益を得られる反面、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。 【投資】J−REIT […]

きちんと理解が必要です

投資について

兜町(中央区)のシンボルとなっている日本を代表する金融商品取引所であると評される東京証券取引所のすぐ南側のブロックに、歴史ある、みずほ銀行兜町支店があるのだ。太陽暦が導入された明治6年、後に日本一の金融街となるこの場所に […]

いわゆる外貨両替のメリットデメリット

投資について

【トラブル】資産配分:許容可能であるリスクの幅に合わせて投入する資金を商品の性質が違ういくつかの商品に分散させて投資する方法のことを、アセットアロケーション(資産の配分)と呼んで使用している。 【投資の前に】株式投資では […]

eワラントって何?

投資について

【紹介】金貨の情報⇒カンガルー金貨(純度99.99%以上)、メイプルリーフ金貨(現在は純度99.99%以上)、イーグル金貨(純度91.67%)、時価6千万円の金貨を発行したこともあるウィーン金貨(Wiener Philh […]

金利について

投資について

ほかの国の株式あるいは不動産に投資している投資家は、投資をした国の人々やマスコミから「外国人投資家」などという呼び名で、何かにつけその国の投資家よりも存在などが注目される事さえあるのだ。 【ポイント】ネット証券が登場した […]

コール市場とは

投資について

このように日本の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標の取組や試み等を積極的にすすめる等、市場や規制環境に関する整備がどんどん進められているのだ。 【解説】 […]

金融ビッグバンについて

投資について

運用のためのコストはほぼ0.1〜1%程度なので、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格などの指数(インデックス)に連動)を含めたほかの投信に比べてもかなり低めになっているので、長期投資希望の方に向いている投資商品 […]

ページの先頭へ