【重要】「投機」:取引する会社などの業務内容や経営状態などとはまったく関係が無い取引で、上がれば売り、下がれば買うを繰り返すことによってキャピタルゲインという売買利益目的の株式投資の手段。
【金ならではの安定感】金地金はどんな商品?金額固定の純金積立方式ではなく、純金の現物(延べ棒)を多彩な純金販売業者(地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等)で売買できる。重量500g未満の地金だと加工手数料がかかるのである。
日本証券業協会(JSDA)ってどんなところ?⇒証券会社等の行う株券や債券など有価証券の売買等といった取引等を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体が堅実な成長を図り、投資者の保護を目的としている。
民営化されたゆうちょ銀行によって実施されているサービスに関しては2007年に廃止された郵便貯金法の規定による「郵便貯金」としてではなく、銀行法(銀行に関して規定する法律である)での「預貯金」に則った商品なのだ。
【投資】資産配分:許容することが可能な金額の幅に応じて資金を市場や変動などが異なる少なくとも二種類以上(できれば3種類以上)の金融商品に分けて行う投資手法を、アセットアロケーション(資産配分)と定義しているのである。

【投資】金融商品それにサービスなどは、その特性上、商品やサービスに危険性が内在しているため、投資する際は、そんな危険性が存在することを知ったうえで取引が常識である。
実は日本の金融・資本市場の競争力等を強化する為に行われる規制緩和だけではなく、金融規制の更なる質的な向上が目的とされている取組や業務を積極的に実行する等、市場環境及び規制環境に関する整備が着実に進められているのだ。
個人ではなく、企業体で投資を行っている大口の投資家である機関投資家としてのポジションで、金融機関が組織を挙げて大がかりな投資を実施することもあり、信託会社や保険会社など各種機関投資家が運用している投資信託(一般的には投資家から委託を受けた資金の運用を機関投資家が代行する)への大規模な資金流入もどんどん進行しています。
【投資】金貨って?カンガルー金貨(オーストラリア発行)、メイプルリーフ金貨(カナダ王室発行)、イーグル金貨(米国発行)、時価6千万円の金貨を発行したこともあるウィーン金貨(オーストリア発行)といった金貨などの購入で資産を積み立てる金融商品です。
【学習】ケインズ経済学(ケインズの論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に中心に展開された経済学)においては、投資(投資家による)は追加投資によって予想される利潤率(利益を得られる、資本の限界効率)が資本家の利子率と一致するまで続けられると定義されています。

ですから安定という面で魅力的ということに加え活気にあふれた新しい金融に関するシステムを実現させるためには、民間金融機関や金融グループだけでなく行政(政府)が両方の立場で解決するべき課題にどんどん取り組んでいかなければ。
格付け(ランク付け)を使用するメリットは、膨大な財務資料が読めなくても格付けによって金融機関の財務に関する健全性が判別できるところにある。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することも可能ということ。
近頃は世界中で偽造・盗難キャッシュカードだとか振り込め詐欺、またさらにインターネット・バンキングでのIDなど情報の詐取によって起きた被害など初めて体験するような銀行取引に関連した悪質な金融犯罪の増加が大きな問題となっています。
株式の取引においては、多くの場合現物取引(投資金額の範囲での取引)のみで長期的な投資をする方法を使うのであれば、大きすぎる危険性がないような状態で資産運用ができる。
【重要】アセットアロケーション:金利と株そして為替は強く関わり合っており、3つ全ての動向に常に注意することが一番大切。興味のある金融商品だけではなく、他にも資産を分散して投資するという方法が必須です。