せまい意味で「投資」は、主に経済において、先々の資本(資産・生産能力)を増加・補強させる目的で、現時点で保有している資本(金銭や株式など)を投入することを意味します。ただし、広くは、自己研鑽や人間関係についても使われる言葉です。
【知っておきたい】金融商品であったりサービスなどは、どうしても、商品やサービスの性質上、多かれ少なかれ商品やサービス自体に投機的な性質が内在しているため、投資をする者は、そのようなリスクが必ず存在することを了解したうえでの取引を行う。
【重要】FXの取引は、注意が必要で多くはない資金の預入しかしていなくてもすごい金額も取引可能です。手にすることができる儲けが大きくなる裏側で損失もとんでもない金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品なのです。
日付が変わらない間に何度も売買を注文するという手法の「デイトレード」ではなく、一週間から10日程度までの短期な持ち越しを行う取引方法を「スイングトレード」と呼び日に何回も売買を繰り返すデイトレードとは区別するのです。
【学習】日本経済は勿論のこと、世界経済を読み取る為には、金融、経済の根幹である株と金利と為替を感じ取るということが肝心なのだ。なぜなら株価や金利、為替は複雑に関係しているからなのです。

【知っておきたい】株式累積投資:株式をあたかも積立貯金のように一定間隔で購入が可能な株式累積投資指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株価の激しい動きを抑えるドルコスト平均法を採用している。このように株式の購入価格を平均化することによって危険性を減らすことが可能である。
麻生総理が誕生した2008年9月15日のことである。アメリカの老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如経営破綻したのです。この事件がその後の全世界を巻き込んだ金融危機の引き金になったので「リーマン・ショック」と呼ぶようになったという現実。
郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行による一般的なサービスは郵便貯金法(2007年廃止)に基づいた「郵便貯金」の扱いではなく、一般的な金融機関と同じ、銀行法での「預貯金」を適用したサービスです。
最近、偽造・盗難キャッシュカードもしくは振り込め詐欺、これに加えてインターネット・バンキングでのIDやパスワードなどの個人情報の詐取によって起きた損害など初めて体験するような銀行取引に直接的に関わる悪質な犯罪が重大な問題となっています。
【投資の前に】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:外国為替証拠金取引)で儲ける方法って?為替の揺れを主に利用する為替差益によるものと、通貨と通貨の金利(高い金利と低い金利)で発生した差額のスワップという方法の二通りが存在します。

必ず知っておくべきこととして、株式の知識。出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けた企業はその株主への返済しなければならないという義務は発生しないきまり。さらに、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
つまり投資信託の投資対象の中でもコストを軽減することができるタイプである販売の手数料が無料のノーロード型または、分配金が出る分配型、あるいは指数(インデックス)連動であって、わかりやすいインデックス型(商品価格などの指数(インデックス)に連動)がとても注目を集めているのだ。
【重要】REITって?不動産からの収益を投資家へ還元する金融商品である不動産投資信託という内容を表すわが国の言葉なのだ。一般的に、投資信託及び投資法人に関する法律に従った日本版REIT(つまりJ-REIT)のことを単にREITと呼ぶことがある。
【ポイント】テレホン・マーケット(特定の場所に不特定多数の取引主体が集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のなかでとくに有名なものを問われたら、インターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う銀行間取引市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、取引短資会社が仲介している)として知られる外国為替市場(がいこくかわせしじょう、外為市場とも)や銀行間取引のひとつ。1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場がある。
金融庁では原則として市場規律や投資家自らによる自己責任の原則を根本的な考え方とし、的確なルールに基づいた透明かつ中正な金融行政の執行を徹底する必要があるため、特に専門性の高い検査、そして監督を常に実行しているのだ。