運用のためのコストはほぼ0.1〜1%程度なので、インデックス型ファンド(インデックス:商品価格などの指数(インデックス)に連動)を含めたほかの投信に比べてもかなり低めになっているので、長期投資希望の方に向いている投資商品であると言われています。
確認しておきたい。外貨預金って何?銀行が扱うことができる外貨建ての商品の一つのことで、日本円以外によって預金する商品の事。為替変動による利益を得る可能性もあるが、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
【金融用語】REITとは。不動産投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)と定義した日本語のことである。例外として、わが国の法律に沿っている日本版のREIT(J-REIT)のことを単にREITと指す場合がある。
要は「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能のことを銀行の3大機能と言い、これらは「預金」「融資」「為替」の基本業務、最も重要なその銀行自身の信用によってはじめて機能していることを忘れてはいけない。
簡単にわかる解説。株式は実は社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても企業は購入した株主に対しても出資金等の返済しなければならないという義務は負わないとされている。最後に、株式は売却によって換金できる。

【金融商品】金利と株式そして為替に連動して値動きがある金融商品にアセットアロケーションすることで、株式で損失を被っても、ほかの金利か為替で得た利益で補え、損益の変動をうまく抑えることができる。
この「銀行の経営がどうなるかは銀行に信用があってうまくいくか、融資するほどの値打ちがあるとは言えない銀行だと診断されて失敗する、二つに一つだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
【紹介】ETF投資(証券取引所で取引される投資信託)のリスク(危険性)を考えると、大体、(1)投資対象の価格変動関係のリスク(2)信用リスク(リンク債やOTCデリバティブ取引に投資する場合)(3)その他のリスク(信託継続困難な場合など)があります。特に(2)のリスクについては取引によっては非常に注意が必要です。
どちらにしても金融システムこそが経済における肝心な動脈と同じです。したがって日本経済のたてなおしや経済の活性化のため、そのうえ不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を支えることができる、さらに強固な金融システムを構築することが必要なのです。
【投資】カバード・ワラントの中には、ゴールドマン・サックスで有名なeワラントであったりポケ株ワラントなどの商品がある。どの商品も手軽な資金で投資することができることが魅力なのです。

【用語】先物取引:「証拠金(担保)制度」という制度を採用している金融商品です。このため少ない資金からでも売り買いが可能なので、ハイリスク・ハイリターンの投資も不可能ではないとされる。
【解説】金融ビッグバンについて⇒これは村山内閣が退陣した平成8年から中央省庁が再編された平成13年まで展開された記憶に鮮明な全国的な歴史的な金融制度の改革を宇宙誕生に例えたコトバということ(日本版ビッグバンともいわれる)。
実は、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託)を作り、それを適切に運営していくためには、目がくらむようなたくさんの「やるべきこと」および、「やってはいけないこと」が事細かに定められているのだ。
金融庁としては、市場の自発的なルールや当事者による自己責任の原則を土台としたうえで、健全なルールに基づく透明かつ適切な金融行政の執行を徹底するために、専門性の高い検査や監督を常に実施しています。
よく見かけるチャート分析を使った“株式投機(投資ではない)”というものは、必ず売買の勝負どころがポイントなのですが、残念なことにこの時期を見定めなければいけないので非常に難しいことです。