【用語】FX:簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出す取引なのである。外貨預金または外貨MMFに並べても利回りが高く、また為替コストも安い利点がある。興味があれば証券会社やFX会社を選ぶことからスタートしよう。
自分の国以外の株式市場あるいは不動産に投資している投資家は、自分の投資先の国や人々から「外国人投資家」と偏見を込めて呼ばれて、何かにつけその国の投資家のこと以上に動向が注目されるケースもあるのです。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、大蔵省(現在の財務省)より重要業務である金融制度の企画立案事務を統合させてこれまであった金融監督庁を金融庁(現金融庁とは仕組みが異なる)として組織を変更。翌2001年1月、省庁再編に伴い金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
【金融商品】REITに関する知識。不動産投資信託(不動産収入で得られる収益を還元する投資信託)を指している日本での金融用語のこと。気を付けたいのは、投資信託及び投資法人に関する法律に定義された日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと指す場合がある。
【ポイント】FX(外国為替証拠金取引:margin Foreign eXchange trading)は少額の資金(証拠金)だけでも想像以上の金額の取引が不可能ではありませんが、手にすることができる儲けが大きくなるのだが損失も想像以上の金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品なのです。

【ポイント】金融商品の基礎。日本の法令上、証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)によって定義される理論です。これには有価証券や外貨取引さらに金融デリバティブなどを包含する。
簡単?!デリバティブ⇒これまでの伝統的な金融取引または実物商品や債権取引の相場変動で発生した危険性から逃れるために販売された金融商品の呼び名でして、金融派生商品とも言います。
そのとおり「失われた10年」→国、もしくはどこかの地域における経済が約10年の長きにわたって不況、加えて停滞に見舞われた時代を語るときに使う語である。
【ポイント】先物取引は、「証拠金(担保)制度」という制度を取引に採用している金融商品である。だからほんの少しの資金からでも十分取引が可能なのである。このためハイリスク・ハイリターンといった投資方法も実現できるでしょう。
こんなチャート分析だけの“株式投機”を行う場合は、必ず売買のめぐりあわせが全てですが、多くの人にとってこのめぐりあわせを外してはいけないというのはとても難易度の高いことです。

ということは安定的で、なおかつ精力的なこれまでにない金融システムを作り上げるためには、どうしても民間金融機関や金融グループだけでなく行政(政府)が双方の解決するべき問題にどんどん取り組んでいかなければいけません。
【投資の前に】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、電話連絡で取引が成立するマーケット)のうちよく知られた市場をあげれば、まずインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、取引を短資会社が仲介している)として知られる外国為替市場(外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引のうち短期金融市場であるコール市場がある。
【世界共通の価値】金地金って?積立金額が固定で取扱会社の金を買う純金積立と違うシステムで、純金の現物(金地金)を地金商、鉱山会社、銀行、証券会社、商社等の純金販売業者で売買できる。重量500g未満の地金(1kgだと380万円以上:2010年)には加工手数料がかかる。このため、基本的には500g以上をまとめて購入します。
結局金融の世界では、具体的な経済活動が伴う実体経済に注意を払った出資にまた立ち戻っていきますから、じっくりと実体への長期投資でわが国の経済成長を増大させていこう。
今はタンス預金なのか?物価上昇の局面(いわゆるインフレ)では、価格が上がった分お金の価値が下がるので、たちまち生活になくてもよいお金⇒安全性が高くて金利が付く商品で管理した方がよい。