【投資】株式累積投資:株式を積立みたいに定期的に購入することが可能な株式累積投資指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株の価格の極端な動きを抑制できるドルコスト平均法を利用しているため、、株の購入価格を平均化することによって取引のリスクを低減が可能である。
【ポイント】REITって何?不動産への投資信託を意味している日本語のことだ。しかし、国内法に基づく日本版REIT(J-REIT)を単にREITと指す場合がある。
【知っておきたい】ネット証券が登場したことで取引の際に必要な手数料は、このごろはなんと数百円くらいまで低下し、簡単に誰でも取引と情報収集が可能にようやくなったのだ。
【重要】「投機」のこと。企業そのものの業績や経営状態などとは完全に関係しない取引で、単に売買を繰り返すことばかりでキャピタル・ゲイン(capital gain)という“利ざや”を得ることが目的の株式投資の手段。
【ポイント】J−REITの基礎。投資信託及び投資法人に関する法律(旧:証券投資信託及び証券投資法人に関する法律)によって設定される。このJ-REITの型としては、投資信託 (選択されていないが法的には可能)としての形態または投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の2つが存在する。

【投資の前に】「仕手」という手段は、意図をもって株価のありえない操作をさせる卑劣な投機手段となり、この仕手行為は違法な行為ですが、現実にはこの行為が株式市場で行われなくなることは無いと思われます。
【金融商品】アセットアロケーションは、あまりなじみがないかもしれないがアセットアロケーション(投資配分)は一回決定したからといって最後ではないのです。組み立てたアセットアロケーションを絶えず検討し続けることが大切です。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行の経営が破綻したのある。こうした事態に、史上初となるペイオフが発動して、全預金者のうち3%程度ながらも数千人を超える預金者が、初適用の対象になったと噂されている。
政府及び金融当局としては、市場の一般的な規律や当事者による自己責任の原則を根本的な考え方としたうえで、的確なルールに基づいた明快かつ公正な金融行政を実行することを目標に、専門性の高い検査、そして監督を常に実施しているのである。
【学習】テクニカル分析って何?⇒株式と商品取引さらに為替等の扱われる取引市場において、これまでに出現した現実の取引における時間を追った動きから、将来の価格の動きに関して予想及び分析を試みる手法なのだ。

【トラブル】資産配分:許容してもよいリスクに応じて投資する資金を商品の特性が違ういくつもの金融商品に割り振って行う投資手法を、アセットアロケーション(資産配分)と定義しているのである。
【重要】ストップロスが、出来ない投資家は、勝つことが出来ません。発生してしまった損を認める勇気を持つことが肝心であり、ストップロスが出来ない取引ならば、投資はしない方がよい。
BANK(バンク)という単語は実という単語はbanco(イタリア語で机、ベンチ)に由来すると言われている。ヨーロッパで最も歴史のある銀行。15世紀初頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で誕生したサン・ジョルジョ銀行であると研究されている。
最近になって投資信託の対象でも、投資家の間では低コストタイプである販売の手数料が無料のノーロード型とか、分配金が出る分配型、ほかには指数連動であって、わかりやすいインデックス型(商品指数などの指数(インデックス)に連動)が目立って投資家の注目を集めているのである。
有名な言葉「銀行の運営というものは銀行の信頼によって勝者になる、もしくはそこに融資する価値があるとは言えない銀行だと断定されたことで順調に進まなくなるか、どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)