金融庁の管轄下にある日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では証券会社等の行う有価証券(株券など)の売買等といった取引等を公正、そして円滑にし、金融商品取引業の堅調なますますの成長を図り、投資者の保護が目的。
麻生総理が誕生した平成20年9月15日、アメリカで名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したのである。この経営破たんが歴史的金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ばれたのが理由。
【ポイント】金貨はどんな商品?カンガルー金貨(カンガルーのレリーフ)、メイプルリーフ金貨(地金型金貨)、イーグル金貨(1986年から米国発行)、時価6千万円の金貨を発行したこともあるウィーン金貨(Wiener Philharmoniker)などの金貨(銀貨、プラチナ貨)を買い付ける方法だ。
覚えておこう、外貨両替のメリットデメリット。国外旅行もしくは外貨を手元に置いておきたい場合に活用される。近頃は円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでよく調べる必要がある。
【投資】為替の数字の動き鋭く手ごたえがある難しくない投資商品を挙げるとするならば、外貨預金(外国の通貨での預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)などが該当する。

【ポイント】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引)はほんの少しの資金の預入であっても巨大な金額を取引できます。しかし得られる儲けが大きくなるということの裏返しで損失もすごい金額になる可能性があり、ハイリスク・ハイリターンの商品といえる。
【重要】カバード・ワラントって何?ゴールドマン・サックスが扱うeワラント(対象原資産を証券化した金融派生商品)とかポケ株ワラントなどの魅力的な商品があり、基本的には少しだけでも売買することができる点が大きな魅力といえます。
金融商品取引業を取り扱う金融商品取引業者としてやるべき義務は、できるだけ金融庁からの指摘事項を少なくしていくことです。それで結果として、起きてはいけない「重大な違反」が発生する確率を積極的に改善するということにつながることが多い。
これからもわが国内においては、銀行等は、国内だけではなくグローバルな市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも見据えながら、財務体質の一段の改善、そして合併・統合等も組み入れた組織再編成などに精力的に取り組んでいます。
今後、安定的であり、活力にも魅力があるこれまでにない金融に関するシステムの実現のためには、銀行など民間金融機関及び行政が双方の課題を積極的に解決しなければだめだ。

【重要】ポケ株ワラントって何?株の現物での取引くらい低い危険性、そして誰でも少額からでも売買することができる投資方法である。手軽な資金で想像以上の高い収益をモノにすることができる投機に近い投資方法も存在するのである。
まさに世紀末の平成12年7月、大蔵省から金融制度の企画立案の事務も移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁とは異なる)に再組織した。翌年の平成13年1月、上部機関の金融再生委員会は廃止され、現在の内閣府直属の外局となった。
【常識】株の売買を言えば、一般的な個人投資家が利用する取引の形態は、証券会社へ行っての窓口または営業を通す人間同士が顔を合わせるでの取引よりも、ネット環境を利用したオンライントレードによる取引のほうが完全に盛んだ。
格付けによる評価を活用する理由(魅力)は、膨大な財務資料の理解が不可能であっても評価によって金融機関の財務に関する健全性が判断できる点にあるのだ。ランキング表を使えば複数の金融機関の健全性を比較することまでできる。
最終的には、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が独自にファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を発売し、うまく運営していくためには、目がくらむようなたくさんの「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに規定されているわけです。