【トラブル】「投機」という手段は、取引する会社などがどのような業務内容なのかとはちっとも関係無い取引で、単純に売買を繰り返すことばかりでキャピタル・ゲイン(capital gain)という“利ざや”目的の株式投資の手段。
【常識】TOPIX(東証株価指数、トピックス、Tokyo Stock Price Index)に連動しているETFを保有している⇒東証一部で株式公開している2000近い全銘柄を購入するのと並ぶ成果が予想できるのです。
これからも日本国内に本部のあるほとんどの金融グループは、広く国際的な規制等が強化されることも視野に入れながら、経営の改善だけではなく、合併・統合等を含めた組織再編成などに活発な取り組みが始まっています。
【基礎】テクニカル分析って何?⇒株式や商品取引そして為替等の扱われる取引において、これまでに出現した取引における時系列のパターンから、今後の価格の変化に関して予想及び分析を試みる手法です。
【トラブル】「仕手」⇒一部の投資家が計画的に株式価格の値上げ(または値下げ)を実行する卑劣な投機手段である。この「仕手」という行為は違法行為ですが、実際には、この行為が株式市場で実行されなくなることは無いと思われます。

【用語】スキャルピング:デイトレード(1日に何度も取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)の中で、とりわけ数分の間に数回の値動きするだけでも売買を行う手法のことを指して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)というのだ。
【金融商品】為替の動きに鋭く反応した動きがある手を出しやすい商品であれば、外貨預金(外国の通貨による預金)や外貨MMF(MMF:公社債、短期金融資産で運用し利益を得る投資信託)、FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引だがハイリスクハイリターンの投資)などが挙げられる。
【解説】保険:予測できない事故が原因で発生した財産上の損失に備えるために、立場が同じ多数の者が一定の保険料を出し合い、整えた積立金によって事故が発生した際に保険金を支給する制度なのです。
よく聞くコトバ、バブル経済(economic bubble)の内容⇒不動産や株式などといった市場価格の動きが大きい資産が取引される価格が過剰投機によって経済の成長を超過してもなお継続して高騰し、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指すのである。
【重要】金ETF(Exchange Traded Fund)は実は常に需要の高い金の相場価格に連動するようになっている上場投資信託(ETF)という仕組み。普段利用している証券会社でも売買できる。このため大変手軽な商品だが、信託報酬が必要なことに注意。

【トラブルに備えて】先物取引について⇒「証拠金(担保)制度」という制度を取引に採用している金融商品なのです。このため少ない資金からでも売り買いが可能です。だからハイリスク・ハイリターンの投機的な投資パターンも実現できる。
知ってますか?外貨預金はどんな仕組み?銀行が取り扱う外貨建ての商品のことで、米ドルなど外国通貨によって預金する商品です。為替の変動によって発生した利益を得られる反面、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。
つまり「失われた10年」という語は、その国の、またはある地域の経済がおよそ10年以上の長い期間にわたる不景気と経済成長の停滞にぼろぼろにされた時代を語るときに使う語である。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した2000年7月、旧大蔵省より金融制度の企画立案に係る事務を新たに移管し平成10年に発足した金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁に改編。翌年の2001年1月、金融庁に業務の大半を引き継ぎ、金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となったのです。
【金融用語】REITについて⇒不動産投資信託(不動産で得る収益を投資家へ還元する金融商品で証券のものなど)という意味の単語のことだ。例外的に、日本の法律に沿った日本版REIT(J-REIT)のことだけを単にREITと呼ぶことがある。