【常識】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)の中でも、さらに数分、短ければ数秒の間に1、2ティック上下するだけでも売買や反対決済を成立させる取引のことを指して「スキャルピング」(scalping)と言っています。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用して利益を求める投資信託のことを指す。もし取得から日をおかず(30日未満)で解約する場合、残念ながら手数料に違約金が上乗せされるというものである。
1日のうちに何回も売買を注文するという作戦の「デイトレード」。ちなみに1日ではなく、2〜10日程度の比較的短い数日間の持ち越しの方法を「スイングトレード」と呼び1日の間で何度も売買を行うデイトレードとは区別している。
有名な言葉「銀行の経営というものはその銀行に信用があって順調に進むか、そこに融資する価値がない銀行であると断定されたことで失敗するかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
【知っておきたい】ETF投資(上場投資信託)のリスク⇒通常(1)対象の価格変動に伴うリスク(2)信用リスク(一部の取引の場合)(3)その他のリスク(信託継続困難な事情が発生した場合など)がある。(2)のリスクの内容は取引内容によっては慎重な判断が必要です。

【説明】金融ビッグバンはどんな出来事?20年近く前に日本おいて村山内閣が退陣した1996年(平成8年)からアメリカで同時多発テロ事件が発生した2001年まで約5年間展開された記憶に鮮明な金融制度全体にかかわる歴史的な金融制度改革を示す経済用語です(日本版ビッグバンともいわれる)。
【金融商品】TOPIX(東京証券取引所第一部上場株式銘柄の株価指数)に連動する方式のETFを購入・取引することは、結果的に東証一部で上場している全銘柄の株式を保有するのと同格の威力が予想できる。
【投資の前に】「仕手」という手段は、一部の投資家が人為的に株式価格のありえない操作をする卑劣な投機手段なのだ。これは違法な行為に当たるのだが、当面、この仕手が株式市場で行われなくなることは無いと思われます。
投資というのは、主に経済において、先の資本(資産・生産能力)を補強させる目的で、現時点で保有している資本投入する活動を指す場合が多い。ただし、広くは、自己研鑽や人間関係においても使用される。
【ポイント】金利と株式さらに為替のそれぞれの市場に関連して値動きする商品にも分散して投資しておけば、株式で損失を被っても、金利、為替で得た利益で補え、損益をうまく抑えることが可能なのだ。

つまり「失われた10年」という言葉は本来、どこかの国の、あるいはある地域の経済が10年以上の長期間にわたる不況、加えて停滞にぼろぼろにされた10年のことをいう言い回しである。
【解説】金融ADR制度(Alternative Dispute Resolution)とは、複雑化する金融分野についてトラブルを裁判以外の方法で解決を図る制度のことである。政府、金融庁でも金融機関の商品やサービスに関する紛争を簡易でなおかつ短時間で収束する方法だと信じられている。
平成10年12月、旧総理府の外局として大臣を長と決めた機関である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(現、金融庁)は平成13年1月に金融再生委員会が廃止されるまで、その管轄下に約2年7か月位置づけられたことが多い。
金融分野での投資の意義というのは様々な資本を金融・経済・経営活動を通じてリスクもある投資の対象を選択して資本投入すること。投資を行う対象には多様なタイプの投資資産(金融資産)があるのです。
【ポイント】株に係る取引について調べると、個人の投資家が取引している形態は、証券会社の実際の窓口であったり営業を通す人間同士が顔を合わせる取引よりも、ネット環境を利用したオンライントレードによる取引のほうが完全にメジャーになっている。