【投資の前に】J−REITに関する知識。投資信託・投資法人の設定・設立・運用等について定めた、投資信託及び投資法人に関する法律によって成立される。J-REIT(日本版不動産投資信託の意味)の型としては、投資信託 (上場されていない。法的には可能)もしくは投信法に基づく投資法人(上場されているものは現在すべてこの形態)の2つ。
株式取引については、ほとんどは現物取引(投資金額の範囲での取引)のみで長期的な投資を行う方法を採用するのであれば、大きな額のリスクを背負わずとも運用する事ができるということ。
有名な言葉「銀行の運営がどうなるかは信頼によって順調に進むか、そうでなければ融資する価値がない銀行であると審判されて繁栄できなくなる、二つに一つだ」(引用:モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
近頃は特殊じゃないビジネスマンとして株式などへの投資は常識といえる。ビジネスマンの投資は資産が殖やせるというメリットだけでなく、経済の動向等についての知識や情報、施術などを身につけることができるためビジネスに必要な感覚も磨かれます。
【常識】ネット証券が登場したことで各種取引の際の証券会社等への手数料は、ここ数年で数百円くらいまで低下し、思い切り取引、情報収集などが可能になったのである。

【学習】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に中心に展開された経済学)の中で、投資(investment)は追加投資によって推測される利潤率(限界効率)が資本家が融資を受ける利子率(金利)と並ぶまでされるものとされております。
きちんと知っておきたい用語。外貨MMFって何?国内において売買することができる貴重な外貨商品の名前。同じ外貨でも預金と比較して利回りがずいぶん高く、為替の変動による利益が非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
【空売り】「投機家」とか「トレーダー」が一般的な買い注文に加え、さらに空売りという手法による売りも行うという事実に対し、「投資家」や「トレーダー」以外は必ずと言っていいほど、買いからだけで入る。
【学習】コール市場。これは、銀行間取引である1年未満の資金貸借を行う短期金融市場の代表的なもの。呼び名の「コール」というのは英語の「call(呼ぶ)」で、呼べ(call)ばすぐ返事が返ってくるくらい期間の短い市場の動きをすることから、この名で呼ばれていると言われている。
ポイント。株式についての基礎。出資証券(有価証券)であって、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた(出資した)株主に対しては出資金等の返済する義務はないから注意を。もうひとつ、株式は市場価格での売却によって換金するものである。

【常識】金利、株式そして為替の3つの市場の動きに一緒に連動する商品に分散して資産投下することで、たとえ株式で損失を被っても、ほかの金利または為替で発生した利益で補てんすることができ、損益の変動をうまく抑えることができる。
株だけに投資するからと、株式の動向だけを注意しているようでは、為替の動向を原因として株価が変動した際、その株価が変化した原因にたどり着けず、その後の投資に対応できない可能性が高いのである。
【重要】アセットアロケーションのこと。投資配分(投資配分)は一回決めたからといって最後ではないのです。自分が決めたアセット(資産)アロケーション(配分)を日ごろから点検し続けることが課題になります。
【紹介】アセットアロケーション:金利や株そして為替は緊密に関係しあっていて、3つの市場の動きから目を離さないことが当たり前。投資しようとする金融商品のみならず、他の分野の商品にも資産を分散して確実に投資する方法が肝心です。
【ポイント】カバード・ワラントとは。ゴールドマン・サックスで有名なeワラントとかポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの手軽な商品があり、どれも手軽な資金で売買可能なところが大きな魅力であります。