つまり、第二種(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を開発し、うまく運営していくためには、目がくらむような大量の「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められていることを知っておきたい。
【トラブル】先物取引について⇒「証拠金取引」制度を取引に導入している金融商品なのです。このため少しだけの資金からでもすぐに取引が可能。したがってハイリスク・ハイリターンといった投資方法も可能とされます。
【投資の前に】テクニカル分析という手法は、株式や商品取引や為替等の市場において、過去に現れた実績の時間を追った動きから、将来の市場の取引の変化について予想や分析しようとする方法。
ところが、金融商品が対象となるあらゆる取引業務が証券市場における取引などについて規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づき、制限されているというわけではなく、、事例としては通貨売買取引(いわゆる両替業務)にについてなら金融商品取引業の登録は必要ありません。
【常識】金利に限らず株式および為替の価格の変化に合わせて変動する金融商品に資産を分散して投資したら、株式で損失を被っても、金利と為替で得た利益で補てんすることができ、発生したとしても損益の変動を低く抑えることが可能です。

【用語】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、意思疎通が電話連絡で行われて成立するマーケット)のなかで代表的なものをあげれば、まずインターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う銀行間取引市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)としてご存じの外国為替市場や銀行間取引のひとつ。短期金融市場であるコール市場などがあげられる。
【解説】株の取引を例に言えば、個人の投資家が取引している形態は、証券会社の実際の窓口あるいは営業マンを通す人間同士が顔を合わせる取引よりも、すでにインターネットを利用したオンライントレード取引が主流です。
【金融の基礎】金融機関とは、金融の取引に関する事業を営む企業のこと指すことが多い。ただし、狭義には預貯金取扱金融機関だけであると言えるが、広い意味ではそれ以外の保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
覚えておこう、ペイオフというのは、防ぎきれなかった金融機関の経営破綻による倒産に伴って、預金保険法で保護されることとされている預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が保険給付として預金者に直接支払を行う制度である。
【知っておきたい】株式の取引で、投資した企業が成長することで、良い影響があり聞き覚えのあるインカムゲイン(和製英語: income + gain株式の配当金または利息による収入)というもうけを手に入れるのだ。

【金融の基礎】金融商品に関する法律。日本の法令では、金融商品取引法(昭和23年4月13日法律第25号)の定めに基づき、規定された意義なのであって、有価証券や外貨取引そして金融デリバティブなどを含めて考える。
【投資の前に】資産配分:許容可能なリスクの範囲に応じて計画している資金を市場や変動などが異なる2つ以上(できれば3種類以上)の金融商品に割り振って行う投資手法を、アセットアロケーション(資産の配分)と呼んでいます。
【解説】ETF投資の際のリスクを考えると、ほとんどの場合(1)投資対象の価格についての変動リスク(2)信用リスク(全てのETFではないが)(3)その他のリスク(上場廃止など事情が急変した場合など)などがある。(2)のリスクは取引内容によっては特別な調査が必要です。
ほとんどの株式市場に公開している上場企業においては、事業活動のためには資金調達が必要なので、株式の上場のほかに社債も発行するのが一般的。株式と社債の違うところは、返済義務なのである。
巷で言う「失われた10年」とは本来、国全体の、もしくはある地域における経済がなんと約10年以上の長い期間にわたって不況、さらには停滞に直撃されていた10年のことを指す語である。