【基礎】コール市場という用語は、銀行間取引のうち短期金融市場の代表的なものである。この「コール」は「call(呼ぶ)」で、呼ぶとすぐに返ってくるというくらい期間の短い貸付をするため、この名で呼ばれています。
【用語】外貨両替というのは国外旅行、その他手元に外貨が必要な人が活用します。しかし円に対して不安を感じているためか、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。
覚えておこう、外貨MMFの内容⇒日本国内でも売買可能な外貨商品の一つである。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん高く、為替変動によって発生した利益が非課税なんていう魅力がある。証券会社で購入可能。
紹介されることが多い「銀行の経営がどうなるかは銀行に信頼があって大成功するか、そこに融資するほど値打ちがあるとは言えないと見込まれたことで順調に進まなくなるかである」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの有名な言葉)
【常識】スキャルピング:デイトレード(1日に1回もしくは複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法)の中でも、さらに数分の間にわずかな株価が上下するのを認識したら売買も反対決済も成立させるテクニックを称して「スキャルピング」(簡略に「スキャ」「スキャル」とも)と呼びます。

巷で言う「失われた10年」というキーワードは、その国の、あるいはひとつの地域の経済がほぼ10年以上の長きにわたって不況および停滞に見舞われた10年を意味する言い回しである。
ほかの国の株式市場であったり不動産に投資している投資家は、自分が投資した国で「外国人投資家」と偏見を込めて呼ばれて、何かにつけその国の投資家を超えて取引などの存在が注目される事さえあるのだ。
【重要】金ETF(Exchange Traded Fund)というのは、金の相場に連動させている上場投資信託(証券取引所で取引される投資信託)のことです。なじみのある証券会社でも売買できることから大変手軽でよいのだが、信託報酬が差し引かれることに注意。
そのとおり「金融仲介機能」と「信用創造機能」そして「決済機能」の3機能のことを銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業加えて銀行自身が持つ信用によってはじめて実現できていることを忘れてはいけない。
【知っておきたい】ストップロスというのが、できる人でなければ、売買で勝つことは不可能。潔く損を認めることが必要である。もし、ストップロスが無理だというのであれば、投資はするな。

日本を代表する金融街である兜町を代表する日本を代表する金融商品取引所である東京証券取引所のすぐ隣のブロックに、3大メガバンクのひとつ、みずほ銀行兜町支店があるのです。ウィーンで万博が開催された年の明治6年、まさにこの地にわが国で初めての国立銀行である「第一国立銀行」が設立されたのです。
覚えておこう、金融機関の評価って何?ムーディーズなどで知られる格付機関によって金融機関など国債を発行している政府や、社債などの発行会社、それらについて信用力や債務の支払能力などを主観的に評価している。
金利の動向に機敏な反応を示す身の回りの金融商品は?と聞かれたら、貯蓄型(安全かつ確実)の定期預金または積立定期(積立ごとに満期を迎える)に代表される銀行など金融機関への預金とか個人向けの国債といった商品などが該当するでしょう。
つまり、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を開発し、なおかつ適切に運営するためには、恐ろしいほど数の、業者が「やるべきこと」と、「やってはいけないこと」が法律等により決められているということ。
近頃は世界中で偽造・盗難キャッシュカードによるものや振り込め詐欺、さらにはインターネット・バンキング上でのIDなどの個人情報の詐取から発生した損害等これまでと違う銀行取引そのものに関わる金融犯罪の増加が重大な社会問題となっているのだ。