【重要】アセットアロケーション:金利と株、為替は密接に関わり合っており、3つの動向を常に注目することが当たり前。興味のある商品のみならず、他の商品にも必ず資産を分散して投資するという方法が必要です。
平成19年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱う貯金などのサービスは郵便貯金法(2007年廃止)の規定による「郵便貯金」は適用せず、銀行法(銀行に関して規定する法律である)での「預貯金」に準拠するサービスなのです。
【学習】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文「雇用・利子および貨幣の一般理論」を出発点に中心に展開された経済学)で、投資(investment)というのはその後の追加投資で推測される利潤率(利益を得られる、資本の限界効率)が利子率(金利)と同じになるまで継続されるものとされます。
バンク(bank)という言葉はイタリア語の机やベンチを意味するbancoに由来する。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。その名は15世紀の初め(日本は室町時代)に豊かな国であったジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行です。
【学習】ファンダメンタル分析というのは、銘柄とか取引市場における根本的な情報分析をする手法なのである。先物取引とか為替市場では、経済、金利や製品、賃金など、経営の全般的な状況に注目するのである。

近いものでは株と緊密に関わり合っているのは、投資信託とか株式などが存在する。これら株に近い金融商品に投資すると、きっと株の動向を身近に感じることができるようになるのである。
FXとは、リスクは高いが外国の通貨を売買して証拠金の何倍もの利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引である。外貨を扱う外貨預金や外貨MMFにくらべると利回りが高いことに加え、手数料等も安いというメリットがある。はじめたい場合は証券会社やFX会社で相談しよう。
実は、金融商品と関連する取引業務のどれもが証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法の定めに則り、制限を受けているのではなくて、事例としては通貨を売買する取引(いわゆる両替業務)にに関しては金融商品取引業の登録は不要です。
【解説】ETF投資に存在するリスクについて⇒大体、(1)対象の価格変動リスク(2)信用リスク(全てのETFではないが)(3)その他のリスク(上場廃止など事情が急変した場合など)などがあるのだ。特に(2)については銘柄によっては特別な考察が必要です。
よく見かける株式投資に関連したネット上の情報とか、市販の関連情報誌などでは、過去データから、今後の変動について予想を行うテクニカル分析が欠かせないものであるとして、分析に必要様々なチャートの分析方法や活用方法などについて丁寧に解説しています。

【金融の基礎】金融機関の基礎。資金貸借や資産運用など金融の取引に関する業務を営んでいる企業、団体などを表します。この場合、狭義には限定して預貯金取扱金融機関だけですが、広義では保険会社や証券会社、ノンバンクも含む。
法定の金融商品取引業者としての最大の義務は、最大限の注意を払って監督官庁である金融庁からの指摘を少なくすることといえる。それで結果として、避けるべき「重大な違反」が発生する確率を大きく下げるという目指すべき名誉につながるということ。
必ず知っておくべきこととして、金ETF(Exchange Traded Fund)についての基礎。需要の高い金相場価格に連動している(実際に発行額と同額の金を保有しているものと金の価格に連動するように公社債に投資するものなどがある)証券取引所上場投資運用(上場投信)。身近な証券会社でも売買できることで大変手軽な商品だが、信託報酬がかかることに注意。
【基礎】コール市場とは⇒銀行間取引である短期金融市場の代表的な存在。コール市場の「コール」というのは英単語の「call」で、呼ぶとすぐに返事が返ってくるというほど期間の短い取引をするので、こう呼ばれているのだ。
【経済用語】金融ビッグバン⇒20年近く前に日本で橋本内閣が発足した平成8年から中央省庁が再編された平成13年において展開された金融業界全体のわが国では初めての金融制度の改革を表すコトバということ。