【解説】REITって何?不動産への投資信託を意味する言葉ということ。ただし、投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)に沿った日本版REIT(J-REIT)のことをREITと指す場合がある。
【投資商品】金利に限らず株式および為替の価格の動きに関連している商品に投資することで、たとえ株式で損失を被っても、ほかの金利であったり為替で発生した利益で補え、発生した損を低く抑えることが可能です。
きちんと理解が必要。株式の詳細。社債などと異なり、出資証券(つまり有価証券)であり、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた株主について出資金等の返済する義務は発生しないのです。またさらに、株式は売却によって換金する。
【常識】株売買について注目してみると、個人投資家が利用する取引の形態は、証券会社の実際の窓口であったり営業マンに依頼する対面取引よりも、すでにネット環境を利用するオンライントレードによる取引のほうが完全に多くなっている。
【トラブル】アセットアロケーション:金利と株、為替は複雑に関係しあっていて、3つの動向を注視することが不可欠。投資する商品だけではなく、他の金融商品にも分散して投資するという方法が常識です。

覚えておこう、外貨預金って何?銀行が取り扱っている外貨商品の名称であって円以外の外国通貨で預金する商品です。為替レートの変動による利益を得られる可能性があるが、同じ原因で損をするリスクもある(為替リスク)。
銀行や証券会社が密集している兜町でもひときわ目立つ東京証券取引所(2001年まで東京証券取引所)の南隣に、みずほ銀行(MHBK)兜町支店が建っています。明治6年(1873年)、日本でもっとも有名な街のひとつとなるこの地にわが国初の国立銀行である「第一国立銀行」が設立。
金融市場の金利に目ざとい反応を示す扱いやすい金融商品を挙げるとするならば、貯蓄型(安全かつ確実)の定期預金(一定期間は引き出せないが、普通預金より金利が高い)であるとか積立定期でも知られる銀行など金融機関への預金あるいは個人向けの国債などの商品が挙げられる。
普段使っているバンクという単語はもともとイタリア語のbancoという単語(机、ベンチという意味)に由来すると言われている。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行。それは15世紀に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で生まれたサン・ジョルジョ銀行とされている。
株となら強く関係しあっている金融商品には、投資信託または株式などだ。こういった金融商品に投資すると、結果として株の動きを肌で感じられるようになると考えられる。

【投資の前に】アセットアロケーションのこと。投資配分(投資配分)というのは一度組み立てたら終了ではないのです。自分が決めたアセット(資産)アロケーション(配分)を絶えず点検し続けることが課題になります。
ほとんどの株式公開済みの上場企業であれば、事業の上で、資金調達が必要なので、株式に加えて社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の最大の違いとは、返済する義務があるかないかであるから注意が必要。
【重要】資産配分:許容ができる金額の範囲に合わせて投入可能な資金を市場や変動などが違う少なくとも二種類以上(できれば3種類以上)の商品に割り振って行う投資方法のことを、アセットアロケーション(資産配分)と呼んでいます。
せまい意味で「投資」は、主に経済の言葉として、あと後の資本(資産・生産能力)を強化させる目的で、現時点で資本(金銭や株式など)を投入することを意味するのだ。広くは、自己研鑽や人間関係についても用いられることがある言葉です。
有利なのか?タンス預金。物価上昇中は、インフレ分その価値が下がるので、生活に必要なとしていないお金は、ぜひとも安全なうえ金利が付く商品にお金を移した方がよいだろう。