このように日本の金融・資本市場における競争力を強化する為に進められた緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標の取組や試み等を積極的にすすめる等、市場や規制環境に関する整備がどんどん進められているのだ。
【解説】「投機家」や「トレーダー」と呼ばれる人たちが、そうでない人が行う一般的な株の買いに加え、空売りという手法による売り注文からも入るという事実に比べて、一般の人は特別な事情がなければ、買い注文からだけで入るものである。。
巷で言われる「重大な違反」かどうかは、監督官庁である金融庁が判断を下すことであり、一般的なケースでは、微々たる違反が多くあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」評価する。
【経済の基礎】日本経済は当然、世界経済を感じ取る為には、金融及び経済の根幹である株や金利、為替をつかむということが不可欠なのである。なぜなら株価や金利、為替は非常に複雑に関わりあっているからだ。
【ポイント】金地金の案内。積立金額が固定で取扱会社の金を買う純金積立と違うシステムで、金地金(ゴールドバー)を地金商をはじめとする純金販売業者で売買できる。注意しよう⇒地金のうち500g未満の地金を購入しようとすると加工手数料がかかるので、通常は500g以上をまとめて購入します。

普段使っているバンクという単語は実という単語はイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来である。ヨーロッパ中で最古の銀行には驚かされる。西暦1400年頃に現在のイタリア北部のジェノヴァで生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行である。
西暦1998年12月、総理府(現内閣府)の外局として委員長は国務大臣にするとされている新しい組織、金融再生委員会を設置し、民間金融機関等の検査・監督を所管する金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に約2年半据えられていたのだ。
【用語】スキャルピング:デイトレード(その日のうちに複数回の取引を行い、利益を積み重ねる売買手法)のうちでも、秒、分単位で1、2ティック上下するのを認識したら売買、反対決済を行う取引のことを指して「スキャルピング」(「スカルピング」や簡略に「スキャ」「スキャル」とも)といいます。
中央区の兜町そのものと言える東京証券取引所(株式会社東京証券取引所及び東京証券取引所自主規制法人の2つの法人から成る)のすぐ南側のブロックに、2002年にみずほ銀行第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併により誕生した兜町支店があります。太陽暦が導入された明治6年、この記念すべき場所に日本最初の国立銀行「第一国立銀行」が設立されたのです。
【用語】外貨両替って何?例えば海外を旅行するときだとか外貨が手元になければいけない企業や人が活用されることが多い。ここ数年、円に対して不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるのでご注意を。

多くの保険会社が加入する日本損害保険協会は、日本の損害保険業と協会員の健全な進歩ならびに信用性を前進させることを図り、そして安心、なおかつ安全な世界を形成することに役立つことを協会の事業の目的としているのです。
【説明】金融商品のこと。わが国の法令では、金融商品取引法(旧証券取引法)の定めに基づき、定義される認識なのであり、有価証券や外貨取引・金融デリバティブなども包含する考え方。
覚えておこう、外貨預金というのは銀行で取り扱う外貨建ての資金運用商品のことであって、米ドルなど外国通貨によって預金をする商品。為替レートの変動によって発生した利益を得られるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
【学習】コール市場。これは、銀行間取引である短期金融市場の代表です。この「コール」というのは英単語の「call」で、呼ぶとすぐに返事が返ってくるくらい反応の早い取引をすることから、こう呼ばれているのです。
【投資】REITについて⇒不動産への投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)と定義した日本の金融用語なのだ。ただし、投資信託及び投資法人に関する法律に従った日本版REIT(つまりJ-REIT)のことを単にREITと指す場合がある。