兜町(中央区)のシンボルとなっている日本を代表する金融商品取引所であると評される東京証券取引所のすぐ南側のブロックに、歴史ある、みずほ銀行兜町支店があるのだ。太陽暦が導入された明治6年、後に日本一の金融街となるこの場所に日本最初の国立銀行「第一国立銀行」が創設。
【知っておきたい】株式投資では、ほとんどの場合現物取引(投資金額の範囲での取引)による長期的な投資を行うスタイルを利用するのであれば、大きすぎるリスクを背負わずとも取引ができるのです。
15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省(当時)銀行局や証券局等が所掌していた事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に係るものを区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく強力な外局としてこれまでになかった金融監督庁をつくりあげたわけです。
バンク(bank)という単語はもともとイタリア語のbanco(机、ベンチ)という言葉に由来との説が有力。ヨーロッパでは最古の銀行の名は今から約600年前に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行なのです。
ご存じのチャート分析に頼る“株式投機(投資ではない)”での取引は、手法の特性上、売買の瞬間がポイントなのです。しかしながらこの瞬間を見定めなければいけないので難題です。

知らないわけにはいかない、ペイオフの意味は不幸にもおきた金融機関の経営破綻による破産をしたことに伴い、預金保険法の定めにより保護するべき預金者(自然人又は法人並びに権利能力なき社団・財団)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
やはり金融システムこそ経済の言ってみれば動脈と同じなのだ。だからこそ我が国の経済の再スタート、活性化させるため、合わせて不良債権問題の解決と構造改革を達成できる、より強固で安定的な新しい金融システムの構築こそが必須なのだ。
【用語】ポケ株ワラントの基礎。株式の現物での取引くらい低い危険性、そして誰でも少額からでも取引可能な投資方法。ちょっとした資金でほかの投資以上のハイリターンを手に入れることが可能な投機のような手法もあるということ。
【投資の前に】テクニカル分析というのは、株式と商品取引そして為替等の市場において、過去にあった実績における時系列に沿ったパターンから、将来の市場の取引の変化について予想や分析しようとする方法である。
こうして日本の金融市場等での競争力を強化することを目的とした緩和のほか、金融規制の質的な向上の実現のための取組や試み等を積極的に実行する等、市場だけではなく規制環境に関する整備がどんどん進められているわけです。

【トラブルに備えて】金融ADRの基礎。金融関係の分野にあって裁判以外の方法での紛争解決制度(ADR)のことで、金融機関の商品やサービスに関して発生した紛争を簡単に素早く解決することができる方法であると考えられている。
きちんと理解が必要。金ETF(Exchange Traded Fund)の詳細。金価格に連動するように作られた上場投資信託(ETF)という金融商品。取引のある証券会社で売買できるという点が手軽なのだが、信託報酬がかかることに注意。
名言「銀行の経営、それは銀行自身に信用があって軌道にのる、もしくは融資する値打ちがないものだと見込まれてうまくいかなくなるかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
統一された基準による金融機関格付の役割をわかりやすく要約すると、「多くの情報の比較できない部分をなくす」、この効果で「金融市場の動きを円滑にする」という結果を生み出すと断定することが可能なほど実績がある。
【投資の前に】テレホン・マーケット(特定の場所に集まって行う取引ではなく、取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のうちよく知られた市場⇒一番にインターバンク市場(銀行間取引市場。金融機関が相互の資金の運用と調達を行う市場。取引に参加できるのは金融機関に限定。取引短資会社が仲介している)で知られる外国為替市場( Foreign exchange market、外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引の一種で短期金融市場であるコール市場があげられる。