【トラブル】資産配分:許容可能であるリスクの幅に合わせて投入する資金を商品の性質が違ういくつかの商品に分散させて投資する方法のことを、アセットアロケーション(資産の配分)と呼んで使用している。
【投資の前に】株式投資では、普通であれば現物取引のみによる長期的(短期的ではない)な投資を行うスタイルを活用するのであれば、それほど大きな危険性を背負うことなくお金の運用が可能である。
【金ならではの安定感】金地金の情報⇒積立金額が固定で取扱会社の金を買う純金積立のような方法ではなく、純金の現物(いわゆる延べ棒)を純金販売業者で取り扱う。注意しよう⇒地金のうち500g未満の地金購入の際には加工手数料がかかります。
【売りと買い】「投機家」、「トレーダー」が、そうでない人が行う当たり前の「買い」だけではなく、多くの場合は空売りという方法による特別な売り注文からも入ることに対して、普通はたいていの場合、買い注文から入る。
【金融の基礎】eワラントって?対象原資産(権利の対象になっている資産)を証券化(低コスト化が可能)して販売する先物取引などと同じ金融派生商品であります。ゴールドマン・サックス(Goldman Sachs、NYSE: GS)発行のヘッジ手段としても利用可能なカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことを指します。

金融機関格付の公開の意義⇒シンプルに要約すると、「複数の情報の非対称性を少なくさせる」という効果があり「情報によって金融市場の取引等を円滑にする」という結果につながると自信をもって断言できます。
【トラブル】金融ADR制度(Alternative Dispute Resolution)とは、複雑化する金融分野に係る裁判以外の方法での紛争解決制度(ADR)であり、金融機関で取り扱う商品やサービスに関する紛争を簡単に素早く解決する方法であると確信されている。
聞きなれたバンクはあまり知られていないけれど机やベンチを意味するイタリア語のbancoに由来との説が有力。ヨーロッパ最古(おそらく世界最古)の銀行。その名は600年以上も昔、15世紀の頭に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァ共和国で設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行という説が有力だ。
FXとは、簡単に言えば、補償金をもとに外国の通貨を売買することで補償金の何倍もの利益を出す取引なのである。FXは外貨預金や外貨MMFなどよりも利回りが高く、また為替コストも安い利点がある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社へ。
【金融用語】「投機」:株の売買を行う会社などがどのような業務内容なのかなどとはまるで無関係な取引である。単に株式の売買を繰り返すことばかりでキャピタル・ゲイン(capital gain)という売買利益が目的の株式投資の手法ということ。

【基礎】ファンダメンタル分析⇒株式銘柄とか取引市場における本質的な情報分析をする方法のこと。先物とか為替では、経済や金利や製品、さらに賃金、経営の全般的な状況に着目するということ。
【解説】金融ビッグバンってなんでしょう。我が国において長嶋茂雄の「メークドラマ」が流行語となった1996年から中央省庁が再編された2001年(平成13年)まで約5年間展開された記憶に鮮明な国をあげてのわが国では初めての金融制度の改革を示す経済用語である。
【重要】ポケ株ワラントの基礎。一般的な株式投資の現物での取引くらい低いリスクであって、誰でも少額からでも売買することができる投資方法。少ない資金で思いがけない高い収益を得ることが不可能ではない投機のような手法もあるのです。
いわゆる外貨両替のメリットデメリット。たとえば海外旅行、手元に外貨を置いておきたい場合に活用します。近頃は日本円に不安を感じた企業等が、外貨を現金で保有する動きもある。ポイント⇒為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
知っている人は多いチャート分析だけによって行う“株式投機(投資ではない)”での取引は、必ず売買の時期が肝心なのですが、投資家にとってこのめぐりあわせを外してはいけないというのはとても難易度の高いことです。